サブカル趣味

【未プレイ向け】マブラヴシリーズはなぜ人気なのか?

サブカル文化を愛してやまないこばやしです。

深夜アニメのラインナップって沢山あって何見るか迷うんですけど、中には人気ゲームがアニメ化したりしますよね。

最近だとサクラ大戦とかマブラヴオルタネイティブとか。

特にマブラヴオルタネイティヴは2006年発売のゲームなんですけど、まさに15年の時を経て待望のアニメ化なわけです。

実はこのマブラヴオルタ、かの有名な「進撃の巨人」のモデルになった作品です。

しかしマブラヴは昔のゲームですから、マブラヴシリーズがどんな物語なのか、どんな世界観なのかイマイチ認知されていない現状があります。

こばやしも最初その一人だったんですけど、衝撃的な世界観に圧倒され、あっという間にマブラヴシリーズの虜になってしまいました。

というわけで今回はマブラヴ信者を増やすためにも、マブラヴシリーズがなぜ人気があるのかを徹底解説します。

(序盤は人気な理由、後半は作品そのものの解説を入れます)

人気の理由①:「美少女」✕「ロボット」という分野の融合

マブラヴという作品は、「美少女ゲーム」に「ロボットによる戦闘」の要素が融合しています。

今ではあまり特別感ないですが、発売された当初はかなり異質なジャンルだったのでは?と思います。

(そういう意味では、美少女✕ロボットの分野を開拓した先駆的なゲームだったと言えますね)

前半では学園モノで制服着てキャピキャピしてた女の子たちが、後半では人形ロボットのパイロットをしてます。

初見だとそのギャップにかなり驚くだろうし、どんな経緯で彼女たちが戦っているのか気になっちゃいますよね。

人気の理由②:敵がヤバい

主人公はロボットに乗って敵と戦うんですが、この敵のビジュアルと絶望感が凄いです。

その名も「BETA」という地球外生命体です。とにかく大量に押し寄せてきます。そして人間を手当たり次第に食い散らかします。

ときには主人公の周りの大切な人も容赦なく殺されてしまいます。

しかもBETAは見た目がグロテスクです。よくこんなグロいデザイン思いついたなと感心するくらいグロテスクです。

「グロテスクな生物が平和な日常をブチ壊してくる」っていう展開は本当に胸が苦しくなりますね。

人気の理由③:理不尽な世界で主人公たちが成長していく熱血感動ストーリー

前で述べたとおり、主人公にとっては救われない理不尽な物語が続きます。

マブラヴが鬱ゲーと呼ばれるのはその所以です。プレイしてても「何やこれ…」って思うくらい主人公が可哀相です。

しかし主人公は決してその理不尽に屈さず、自らの肉体と操縦センスを鍛え上げて道を切り拓こうと切磋琢磨します。

周りのヒロイン達も主人公に触発されて、ともにチームで一緒に成長していく姿が描かれます。

マブラヴは「鬱ゲー」と言われますが、「燃えゲー」とも言われています。

主人公とヒロイン達がともに協力・努力して、強大な敵に立ち向かっていく。

まさに「友情・努力・勝利」の三拍子そろったストーリーです。

血みどろになりながら壮絶な戦闘を繰り広げる主人公たちの姿は一時も目を離せません。

(基本的にノベルゲーなんで紙芝居形式のシステムなんですけど、戦闘シーンは静止画のズームアップとアウトを上手く多用しながら表現されています。)

人気の理由④:戦術機の設定が細かい

この世界では「戦術機」と呼ばれる、直立二足歩行する人形のロボットが大活躍します。男心をくすぐるメカニカルデザインが採用されています。

この戦術機が凄いのは、とにかく設定の細かさです。

物語ではほとんど語られませんが、全長、体重、出力、機構、型式などありとあらゆる機体のスペックが全て綿密に設定されています。

しかも設定には全て裏付けがあって、

  • 「なぜ直立二足歩行のロボットなのか?」
  • 「なぜこのデザインなのか?」

きちんと理にかなったデザインや設定が採用されています。

これらのスペックはマブラヴの公式資料集に掲載されているのですが、とにかくボリュームが凄い。

ストーリーで触れられないのにここまで設定が細かいのは、本当に制作会社の作品愛を感じますね。脱帽です。

ageはアダルトゲームブランドですけど、どうやってここまで設定を詰めたのか本当に気になります。

マブラヴシリーズは2作品ある

ポイント

原作のマブラヴは大きく分けて2シリーズあります。

マブラヴシリーズは「マブラヴ」「マブラヴオルタネイティヴ」の2シリーズ存在します。

まずは2003年発売の「マブラヴ」です。こちらは学園モノのストーリーです。

主人公は白銀武(しろがね・たける)という高校生です。

メインヒロインは2人居ます。鑑純夏(かがみ・すみか)御剣冥夜(みつるぎ・めいや)という2人の女の子です。

ちなみに純夏 はマブラヴ全作品を通して超重要ヒロインです。主人公の人生を大きく変えます。

基本的に「マブラヴ」の前半パートは、武とヒロイン達がイチャイチャするストーリーです。

突如始まる「地球外生命体」vs「人類」の死闘

「マブラヴ」の後半では、今までの展開からガラリと雰囲気が変わります。

平和な学園生活も束の間、主人公は別世界へとワープしてしまいます。

その別世界はなんと、地球を侵略してきた地球外生命体「BETA」と人類が死闘を繰り広げる世界でした。

なんとかは元の世界に戻る方法を模索します。その結果、軍隊へ入って戦術機のパイロットになり、「BETA」と戦うことを選択します。

しかしの努力も虚しく、最終的に人類は「BETA」に敗北し地球を破棄してしまいます。

しかしは地球に残り続け、「BETA」と最後まで戦う道を選択します。

ここで1作目「マブラヴ」は一旦終了します。かなり未消化感が溢れる感じがしますね。

そして「マブラヴオルタネイティヴ」へ続く

「マブラヴ」の最後は報われない結末でした。ここでは、なんともう一回物語の序盤へループします。

目を覚ましたらなぜか最初の日に戻ってて、でも記憶はしっかりと残ってます。

主人公はいわゆる「強くてニューゲーム」状態なので、驚異的な成長スピードでパイロットとしての能力をあげていきます。

そして戦術機の操縦システムのようなものを自分で開発して人類の存亡に大きく貢献します。

しかし調子がいいのもここまでで、主人公にとってとある重要な人物がBETAに殺害されてしまい、自暴自棄になります。

このどん底の感情から再び主人公が這い上がって行く様子も見どころの一つですね。

人類同士の壮絶な人間ドラマも見どころの一つ

マブラヴは、地球外生命体との戦いだけではありません。人間同士が争う時だってあります。

人間同士で争ってる場合じゃないんですが、やっぱり権力争いというのはいつの時代も避けられません。

マブラヴシリーズは絶対に損しない!ぜひやってみよう!

マブラヴシリーズは2003年から発売して今年で18年を迎えます。

番外編も多数出ており、今もなお新作の開発が続けられております。

ちょうど「マブラヴINTEGRATE」というマブラヴオルタの正式な続編も開発されていますし、今後もマブラヴシリーズは目が離せません!

  • この記事を書いた人

こばやし秀介

■ホワイト企業にぶら下がり、
堕落した生活を送るガンプラ好きの
子供部屋おじさん
■ Fラン大学卒通信系エンジニア
■ガンプラパチ組レビューを中心
とした雑記記事を随時公開中
■Youtubeでもガンプラレビュー・Vlogを配信中

ご登録よろしくお願いします!

-サブカル趣味