こどおじの生活

【レーザー脱毛レビュー】脱毛すると得られるメリット3つ!【医療脱毛】

当記事は、レーザー施術を受ける度に体験談を追記します。完全脱毛完了するまで更新続けます。

実はこばやしは、今年からレーザー脱毛にチャレンジしております。部位は顔。

人生でヒゲに悩まされたことは特に無いのですが、そもそもこばやしは「毎晩ヒゲを剃る」という行為があまり好きじゃないです。

もともと肌が弱い体質もああって、ヒゲ剃りはなるべくしたくないのが本音です。剃刀当てなくていいならそれに越したことはない。

施術に至ったきっかけがっもう一つあります。こばやしはモットーとして

  • 他の人があまりやってないことをやる」
  • 「子供部屋おじさんだからこそ出来ること」をやる

というのを掲げております。女性ならともかく、男性で脱毛してる人は少数派です。

しかも既婚して家庭を持つと、経済的な事情で脱毛どころではありません。

つまりレーザー脱毛は、「他の人がやってない、子供部屋おじさんだからこそ出来る行為」と考え、

お金にも余裕が出てきているのでレーザー脱毛を受けるに至りました。

脱毛のメリット①:清潔感が得られる

基本的に生えっぱなしの毛って不潔な印象を与えますよね。

したがって清潔な印象を与える為にはヒゲを剃らないといかんのですが、ヒゲが濃い人にはこれがうまくいきません。

青髭が残ってしまい、結構目立つんですよね。せっかくヒゲをそっても見た目があまり改善されない。

青髭も剃り方次第では目立たなくなるようですが、ヒゲが根元にある限りは根本的な解決にはなりません。

レーザー脱毛は根元から完全に焼き切れますので、ヒゲが濃い人も青髭に悩まされることはありません。

剃毛のストレスからも解放されます。

脱毛のメリット②:邪魔な毛が無くなり、生活が楽になる

現代の生活においては、体毛が無い方が過ごしやすい事が多いです。

髪の毛、鼻毛、まつ毛とかのごくごく一部の毛は重要な役割を担いますが、それ以外はほとんど役に立ちません。邪魔です。

ワキ毛、陰毛、ケツ毛は無くしてしまった方が圧倒的にQOLは上がります。

こばやしは脱毛クリームで体毛を除去してます。

お風呂に入るときとか、服を着るときに皮膚感覚の差に驚きます。毛が無い方が過ごしやすいです。

脱毛のメリット③:コストはトントン

一生シェーピングし続けるのと脱毛では、一生レベルで比較するとコストは同じ程度らしいです。

そう考えれば、同じコストで快適さを得られる脱毛の方がQOL上がりますね。

脱毛手段は医療脱毛がお勧め

脱毛は大きく分けて二つあります。

  • 医療脱毛(クリニック)
  • エステ脱毛(エステサロン)

特徴をまとめると以下の通り。

脱毛手段機器永久脱毛にかかる期間施術イメージ
医療脱毛YAGレーザー最短1年短期決戦型で焼き尽くす(痛い)
エステ脱毛光照射最短1年半~2年程度じっくりじわじわ焼く(長い)
脱毛の特徴をまとめた

医療、エステ脱毛の違いを一言で言えば施術する器具です。医療脱毛はレーザーで焼きます。エステ脱毛は光脱毛とかです。

脱毛にかかる期間にも大きく違いがあります。医療脱毛は最短で1年程度、エステ脱毛は1年半から2年程度かかります。

医療脱毛はレーザーのパワーで一気に焼き切り、エステ脱毛はじっくり焼くイメージです。

こばやしとしては、現代の忙しい社会人は医療脱毛で一気に勝負仕掛けるべきかなと思います。

万が一何かがあってもクリニックでアフターケアを受けられますからね。

こばやしの脱毛体験記:クリニック選び

医療脱毛の受診を決意したこばやしは、早速クリニック選びをします。

都市部に行けば、レーザー脱毛を取り扱ってるクリニックはたくさんあります。

正直、こばやしはレーザー照射出来ればどこも同じだと思ったので、せっかくだし大手の信頼できるクリニックに行こうと思いました。

脱毛って結構女性も多いイメージがあったので、女性が多そうな美容系のクリニックは自然と敬遠してしまいました。

そこでこばやしが選んだのは、メンズ専門の脱毛クリニックである「ゴリラクリニック」です。

なかなか特徴的な名前をしたクリニックですね。最初はちょっと敬遠しましたが、よくよく調べると色々良い感じでした。

ゴリラクリニックが良いなと思ったのは以下の理由からです。

  • 男性特有の悩みに対する施術ノウハウを蓄積してそう
  • 全国的に展開している信頼性の高いクリニック
  • アフターケアが充実している事

地元にゴリラクリニックがあったので、早速予約して無料カウンセリングを受けました。

こばやしの脱毛体験記:カウンセリング

以下はこばやしの体験記です。実際にゴリラクリニックの雰囲気を知りたい方はお読みください。

こばやしが行ったゴリラクリニック広島院は、オフィスビルの一角に構えております。

自動ドアを潜り抜けた瞬間、受付のスタッフから大声で「こんにちはー!!」と挨拶されました。

そっか、普通の店じゃないから「いらっしゃいませ」って言えないんだなあ。

とりあえず受付に向かい、名前を伝えると問診票の記入を依頼された。

基本的に病院の問診票と同じで、少しアンケート的な内容が混ざってます。

  • 施術を希望する箇所
  • 当院をどこで知ったか
  • 病歴
  • 普段スキンケアをしているか?(化粧水、乳液など)
  • なぜ脱毛に興味を持ったか?

問診票を書き終えた後、受付に呼ばれるまでしばらく待機します。

待合室にテレビのモニターがあったんですけど、ゴリラクリニックの総院長と患者のインタビューがひたすら流れてました。

取り上げられてる患者さんは結構えげつない剛毛だったんですけど、見事にツルツルピカピカになってました。自分もあんな風になれたらいいなあ。

ゴリラクリニック総院長は普通のおじさんでした。でも全国クリニックだからクソ儲けてるんでしょうね。外車3台くらいもってそう(偏見)

診断室に移動し、クリニックのスタッフによるカウンセリングを受けます。

説明された内容は主に2つあります。

  • レーザー脱毛の説明
  • 施術箇所・料金プラン

レーザー脱毛には2種類あるらしい。「YAGレーザー」と「(名前忘れた)照射型のレーザー」の2つ。

YAGレーザーが一般的な脱毛機器で、めっちゃ痛いらしい。

例えるなら「10個束ねた輪ゴムを思いっきり引っ張ってバチーーーーーン!!!」ってやった位の痛さと説明される。

それを聞いたこばやしは「いや言うほど痛くないやん余裕や!」って思いました。当時は。

料金プランに関しては色々と設定されてました。

  • 「顔プラン・全身プラン」
  • 「土日予約可能プラン」
  • 「麻酔有りプラン」

う~ん…予約日時で料金が変わるのは何か納得できない。

こばやしの会社は休日取得に融通が利くので、土日プランは行かないことに。カウンセラーは結構強めに土日勧めてきたけど構わん。

とりあえず「顔・平日予約・麻酔有り」プランで選びました。

カウンセラーの面談が終わった後は、お医者の先生と面談。

てっきりゴリラクリニックの院長と同じくらいの年齢の40代くらいのおじさん先生が出てくると思ったのですが、意外にも初老の女性でした。

まあメンズ脱毛クリニックだからと言って先生が男性だとは限らんわな。

とりあえず病歴をヒアリングされて、レーザー脱毛で悪影響を受けないことを確認。

レーザー脱毛後はスキンケアをキチンと欠かさず行い、皮膚を清潔に保つように指導されました。

幸いこばやしはスキンケアの習慣があるので褒められました。いつも通りにやれば良いってことですね。

一通り説明を受けた後は受付に戻り、受付のお姉さんに金額の説明と支払いの案内を受けます。

受付のお姉さんはとてもオシャレな美人さん。メンズクリニックは女性スタッフの質の高さ凄いですね。

最後にクレジットカードで施術料金を支払い、この日の受付は完了です。

金額にして26万円。クレカ支払額が過去最高かもしれん。

地獄のレーザー脱毛:1回目

レーザー治療を受ける際は、患部は必ず剃毛していきましょう。

2回目の通院で、早速レーザー治療を受けます。

入った瞬間、受付のスタッフから大声で「こんにちはー!!」と挨拶されました。徹底してるんですね~。

驚いたんですが、中に置いてある自動販売機は無料でした。稼いでる金額に比べればジュース代なんて屁みたいな出費なんでしょうね。

平日なんで人もほとんど居なく、すぐにお呼ばれしました。

看護師さんに直接お呼ばれしたんですが、これまたお若い美人なお姉さんでした

医療従事者って白い服装をしてるんですけど、ゴリラの看護師さんは黒を基調にした服装をされてます。ブラックナース。一部のマニアは喜びそう。

とりあえずこの日は前回の診察室と違い、施術室へ案内されました。

入った瞬間、ほんと手術室って感じの雰囲気です。レーザー装置でけえ。

看護師さんの指示でベッドに横になり、目にレーザー保護用のカバーを付けられます。

保護カバーは、例えるなら「水泳用ゴーグルの目の部分に、柄のないスプーンを張り付けた」ようなモノです。

アンテナ

装着したら、見た目がウルトラマンっぽいんやろなあ

こばやしの少年時代のおもひで

その昔、ニコニコ動画で「思い出はおっくせんまん」という歌がありました。

ロックマン2のDr.ワイリーステージのBGMをモチーフにした替え歌です。

その歌詞に「銀のスプーンを目に当て」みたいなフレーズがあったんですが、本当にそんな感じになります。

次に施術の痛みを和らげるため、麻酔をかけます。

  • 笑気ガス
  • 塗り薬

麻酔はこの2つあります。

笑気ガスは、吸うと意識が「ボーっ」として、体が痛みを感じにくい状態になります。

こばやしが吸った感想としては、「めまいで倒れる一歩手前・若干の車酔い」みたいな感じがしてあまり気持ち良くはありませんでした。そもそも効き目あるんかこれ。

実際、笑気ガスで気分が悪くなる方もいらっしゃるそうです。そりゃ無理もない。

一方で塗り薬は、外側から神経を麻痺させて痛みを和らげるモノでした。これは普通に塗るだけ。

麻酔は気休めにしかならない

とうとうレーザーを照射する出番になりました。

事前に看護師さんが自分の顔にマジックペンで照射部分を図示し、脱毛部分を一緒に確認します。

落書きされてる自分の顔ってヘンテコやなあ。

そしてレーザー照射。バチイイイイン!! あああああああ痛い痛い痛い。クッッッッソ痛い。予想の10倍痛い。

輪ゴム10本を一気に引っ張ってバチーンってした時の痛みです。本当に。

こばやしは既に涙目です。看護師さんも「痛いですよね~><」みたいなノリで話しかけてくれます。

特に痛いのが皮膚が薄い鼻下の部分。口の中の空気でぷくーっと膨らませて照射します。

そうしないとレーザーのエネルギーが歯に当たって痛いんです。

ちなみにレーザーは髭の黒色に吸収されるそうなので、痛いということはキチンと効いている証だそうです。

かれこれ20回バチンバチンされて、ようやく終了。

施術後は軟膏を塗ってもらいます。炎症を抑える薬っぽいですね。

看護師さんに肌のメンテナンスや次回の予定を取っていただいて、1日目のレーザー施術は完了しました。

1回目で大体の感覚はつかめたので、2回目以降はなんとか頑張れそう。

2回目以降の施術はまたレビューします!

2回目の施術をしたらまた追記いたします。

  • この記事を書いた人

こばやし秀介

■ホワイト企業にぶら下がり、
堕落した生活を送るガンプラ好きの
子供部屋おじさん
■ Fラン大学卒通信系エンジニア
■ガンプラパチ組レビューを中心
とした雑記記事を随時公開中
■Youtubeでもガンプラレビュー・Vlogを配信中

ご登録よろしくお願いします!

-こどおじの生活